> 市長挨拶
ごあいさつ

市長挨拶

神戸市

第18回「Kobe Love Port・みなとまつり」の開催を心からお慶び申しあげます。

「Kobe Love Port・みなとまつり」は今年で18回目を迎え、昨年は24万人を超える多くの方で賑わうなど、夏のみなと神戸を代表するイベントとして定着していることを、とても嬉しく思います。開催のためご尽力いただいている神戸青年会議所の皆様をはじめ、ご支援・ご協力をいただいている多くの市民や地元企業の皆様に心より感謝いたします。

今回も、ダンスや音楽などのステージイベント、海と港を体感できるランドイベントをはじめ、神戸の特色を活かした様々な催しが2日間にわたって繰り広げられます。例年にまさる多くの方々が、今回のテーマにある「絆」を感じ、みなと神戸での夏のひと時をお楽しみいただけるイベントとなることを願っております。

さて、平成30年はコンテナ貨物取扱量が2年連続最高記録を更新し、客船の入港隻数も過去最多となる141隻を記録するなど、神戸港の一層の活性化に取り組んでまいりました。今年も7月15日には「神戸港ボート天国」、8月3日には「みなとこうべ海上花火大会」などのイベントが予定されており、ウォーターフロントのにぎわい創出を図ります。

今後も、神戸港の魅力・活力の向上に全力で取り組み、次世代を含めた市民・企業の皆様が夢や希望を抱くことができるみなとを目指して歩みを進めてまいります。

「みなとまつり」がみなと神戸を代表するイベントとして、今後も末永く市民の皆様に愛され続け、神戸港の賑わいを創出していくことを祈念いたします。

神戸市長

 久元喜造